コロナ対策で大切な換気 換気の可視化をしてみませんか。

すっかり秋めいてきました。
でも、日中はまだまだ暑いですね。

となると気温差が激しくなります。
体調管理に気をつけてお過ごし下さい。

 

過ごしやすい気候というものは
あっと言う間に過ぎていき
すぐに冬となってしまいます💦

 

季節性インフルエンザ

気温が下がり、
乾燥する時期になると

新型コロナだけでなく
季節性インフルエンザの予防にも
気を使わなくてはなりません。

 

ここ半年くらいは
まさに新型コロナウィルスに
焦点が合っていましたが…

 

厚生労働省HPから

季節性インフルエンザも
例年のインフルエンザの感染者数は、
国内で推定約1000万人
いると言われ

国内の2000年以降の
死因別死亡者数では、
年間でインフルエンザによる死亡数は
214(2001年)~1818(2005年)人

 

 

季節性インフルエンザの予防は
新型コロナウィルス予防対策と同じです。

さらに
賛否ありますが予防接種もあります。

因みに、この予防接種は
接種後の有効期間がありますので、
1年に1回で大丈夫とうことないようです。
また、重篤化しにくくなるということで
感染しないということではありません。

 

 

3密対策での換気

3密(3つの密)とは、
密閉、密集、密接

 

密閉とは、
窓がなかったり
換気ができなかったりする
場所のことです。

 

部屋の広さではなく、
換気の程度が重要となります。

 

その換気はどのように
行われていますか?

 

換気扇を回す

窓・ドアを開ける

エアコンを運転する

:

 

さて、

換気扇は、
排気ですよね?
吸気は???

人間の呼吸と一緒で、
排気だけしていても
換気はできません。

 

窓・ドアを開ける
どこを、どれ位の時間
どれくらいの頻度で?

窓1箇所を開けるだけで
空気の入替えができている?

 

エアコンは、
熱の交換だけするタイプでは
ありませんか?

 

空気は目に見えません。

気密性が高くなった建物

ちゃんと換気が
できているでしょうか?

 

マルチ環境計測

手に持っているのは
マルチ環境計測器です。

空気中の温度、湿度、二酸化炭素等を
測定しています。

 

空気中の二酸化炭素濃度を見ると
空気の入替え(換気)が
できているかどうかが見えるようになります。

 

当社では、
換気測定サービスを実施しています。

 

 

換気をすることで
冷暖房の効果を犠牲にしてしまう
つまり快適性が損なわれる

ということが心配されます。

冷暖房の設定を強くして
快適性を維持すると
電気代も心配💦

 

バランスの取れた
対策を取りたいものです。

気流や輻射熱などを測定する
快適性の可視化も実施しています。

この詳細は、また別途ご案内
させていただきます。

 

 

i-Mage.ブログ【Vol.0398】でした。


にほんブログ村 環境ブログ 環境ビジネスへにほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ
↑「読んだよ。ポチッ!」として頂けると嬉しいです(^^)/

URL :
TRACKBACK URL :

Warning: getimagesize(/home/xs430869/i-mage.co.jp/public_html/wp-content/themes/dp-escena/img/json-ld/nologo.png): failed to open stream: No such file or directory in /home/xs430869/i-mage.co.jp/public_html/wp-content/themes/dp-escena/functions.php on line 932