飛行機内の換気状況を計測

秋も深まり、
窓を開けると寒さすら
感じることもあります。

これから冬を迎えるに当たり
換気と寒さ対策をどうするか
しっかり考えて行きたいものですね。

換気の良し悪しとは?

換気が良い
換気が悪い

人間ってスゴイと思いますが、
目に見えなくても
なんか感じると思います。

「なんか、空気が悪いな」など

ただ、どうしても個人差や
体調によっても差が出てきます。

そこで目安として
二酸化炭素濃度計測があります。

厚生労働省HPでは
1,000ppm以下であれば
良い換気状態としていますが、
800ppm以下が目途でしょうか。

CO2センサー、CO2モニター等で
測定をすることが可能です。

飛行機内の二酸化炭素濃度計測

先週、沖縄出張に行ってきました。

飛行機内は、換気状態が良いと言われます。

(ANA HP)
機内の空気循環について

機内でも案内していました。

では、往路(セントレア→那覇)です。

名古屋→那覇

飛行機の搭乗率は20%程度でしょうか。
かなり空いていました。

搭乗〜離陸前、着陸後も1,000ppm以下

そのままモノレールで移動
モノレールは、少し混んでいました。
駅に停車毎にドアが開きますが
座席に座っていると十分換気が
されているとは言えないかもしれません。

復路(那覇→セントレア)です。

搭乗口からバスで移動です。
バス内は短時間ですが、
途中待機があり
少し高めになりました。

搭乗から離陸までの間も
滑走路手前で10分程度待機が
ありました。

搭乗率は、60%前後といった感じでした。
離陸前で少しドキドキ状態で
呼吸も激しくなっているのか?

若干高めですね。

着陸時も少し高くなりますが、
飛行中は換気が良いと思います。

計測は、三列の中央の空き座席上に
シートベルトを締めたバッグの上に
ロガーを置いていました。

このように
同じ空間、同じ人数であっても
動きがあります。

過度な換気は快適性を失いますので
この数値を元に検討していくのが
良いのではないでしょうか。

当社では、
換気計測サービスを実施しています。

i-Mage.ブログ【Vol.0401】でした。


にほんブログ村 環境ブログ 環境ビジネスへにほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ
↑「読んだよ。ポチッ!」として頂けると嬉しいです(^^)/

URL :
TRACKBACK URL :

Warning: getimagesize(/home/xs430869/i-mage.co.jp/public_html/wp-content/themes/dp-escena/img/json-ld/nologo.png): failed to open stream: No such file or directory in /home/xs430869/i-mage.co.jp/public_html/wp-content/themes/dp-escena/functions.php on line 932