空調設備の省エネ TOP-Ecoの設置留意点 その2

機器更新(入替え)の工事は、
故障等の不具合による場合も多く
一年を通して工事があります。

一方、省エネ機器設置は
稼働を停止する場合
どうしても稼働が少ない
中間期に実施されることが多くなります。

 

冷媒リアクターパイプTOP-Ecoも
配管(液管)に接続するものですので、
配管内の冷媒を一度空にする必要があります。

その上で、切断・溶接接続を行い、
冷媒を戻す作業が必要です。

そのため、数時間程度稼働を止める必要があります。

3月~5月に工事が集中する理由です。

 

さて、TOP-Eco設置工事留意点その2です。

 

TOP-Eco本体前後に直管部

TOP-Eco設置上下の直線

 

空調機の配管は、
その設置方法により
直線だったり曲がっていたりします。

「縦置き」設置であることは、
空調設備の省エネ TOP-Ecoの設置留意点でも
書かせてもらいましたが、

もう一つの留意点です。

TOP-Eco本体の前後(上下)は
直管部(まっすぐ)を維持すること。

TOP-Eco本体に接続されている配管が
まっすぐになっていますので、
これを維持する必要があります。

冷媒リアクターパイプ「Top-Eco」

冷媒の流れを安定させるため
と言えば分かりがよいでしょうか。

そのため、室外機の周りの状況により
接続方法が都度変わってきます。

 

i-Mage.ブログ【Vol.0383】でした。


にほんブログ村 環境ブログ 環境ビジネスへにほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 浜松情報へ
↑「読んだよ。ポチッ!」として頂けると嬉しいです(^^)/

URL :
TRACKBACK URL :

Warning: getimagesize(/home/xs430869/i-mage.co.jp/public_html/wp-content/themes/dp-escena/img/json-ld/nologo.png): failed to open stream: No such file or directory in /home/xs430869/i-mage.co.jp/public_html/wp-content/themes/dp-escena/functions.php on line 932